停電時間が⻑引けば、冷蔵庫の中の食材もダメになってしまいますし、携帯電話なども使えなくなってしまいます。

小さなお子様や高齢者の方が住んでいる家庭、ペットがいるご家庭は特にリスクが高まり不安になります。停電リスクが年々高まっていることから、蓄電池を導入している家庭が増え、価格も下がってきました。停電に備える意味でも蓄電池は「停電保険」とも言われ、さらに電気代を稼いでくれる非常に優秀なモノなのです。

2019年9月9日未明、千葉県内に甚大な被害をもたらした台風15号。県内ほぼ全域の約90万戸が停電し、暴風により多くの住宅が損壊。停電が2週間続いた地域も多くありました。多くの家庭でエアコン、冷蔵庫、携帯電話が使えない状態になり、

とても危険状態でした。
日本では毎年災害での停電が増えて、もし千葉県に来ていた台風が四国に直撃していたとすると愛媛と香川県全世帯で停電していた規模になります。

蓄電池に蓄えた電力で
「冷蔵庫・照明・エアコン等を動かして普段通り生活できました。」と話していました。

家庭用蓄電池は災害時のバックアップ電源にとどまらず、今や住まいのゼロエネルギー化を推し進めるための重要な電源装置としても、確実に認識されています。蓄電池を導入する一番のメリットは、非常時に電源として使えることの安心感です。例えば、蓄電容量7.2kWhの蓄電池がフル充電の状態であれば、電子機器を12 時間使用し続けることができます。(フル充電は3時間程度で完了します)

蓄電池があれば、電力会社から供給される電気を使う時間をずらすことができるため、電力需要のピークの山を減らすことができ、エネルギーの無駄を減らすことができます。

自分で作った電気を自分で使うことができるようになり、家庭菜園で作った野菜をご家庭で味わって楽しむように、電気を自給自足する生活を楽しむことができます。

​導入する事で様々なメリットがある蓄電池ですが

蓄電池導入の前に注意点があります。

蓄電池は、メーカーが多く、用途も様々であるため、どれを選ん だらよいかが難しい・・・。 だから、こうして注意喚起をしている次第です。

 

と言うのも、現在、心ない業者が、わかりずらいのをいいことに、特定の蓄電池をできるだけ 高く売りたいがために業者の都合だけで提案をしている状況だからです。

どういうことかと言うと、蓄電池は容量だけじゃなくて、メーカーや種類によって、メリットとデメリッ トがまったく異なり、あなた様にとって最適な蓄電池を導入しないと、無駄なコストがかかったり、メリ ットが小さくなる恐れがあるのです。つまり、導入すれば良いという問題ではないという事です。

​そこで、蓄電池について興味がある方にどのように蓄電池を選んだら良いかわかりやすい小冊子を作成しました!

​この小冊子を読むと

こんな事がわかります!

誰も教えてくれない蓄電池を導入した場合のメリットとデメリットとは?
業者に騙されないのメーカー、容量、種類の選び方とは?
☑ 用途、時間帯や季節によって、どのような契約容量を選択した方がコスト面でお得か?
☑ 家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金に該当するか?
災害時に停電した場合の、あなたが普段使っている家電の自家発電シミュレーションとは?

☑ 停電時にもあなたの商売や事業がストップしないための蓄電池の活用法とは?
☑ これから太陽光パネルを設置する予定の人が知っておくべき知識とは?
☑ モニター価格、工事代無料、限定キャンペーンという甘い言葉に乗ってはいけない理由とは?

電気のプロだから正しい情報をお届けできます。

災害大国日本で、これからどう暮らしていくか。私たちクリエネは、代表が10代の頃から電気工事の現場に入り、30歳まで修行を続け、独立してからは16年。延べ約30年の月日を、電気と暮らしの最前線で、クリーンエネルギーの活用にもいち早く着手してきました。

 

これからの暮らしにおける電気のあり方は、蓄電システムによって一変していきます。電力会社に頼るのではなく、自分たちで電気を作り、蓄える。それは暮らしに豊かさと安心をもたらしてくれます。家族が幸せに暮らす未来のために、今なにができるのか。このような想いで今回、小冊子を作成しました。

​ぜひ手にとって読んでください。

お電話での申し込みもOK!

Copyright ©2013-2020株式会社クリエネ All rights reserved.